スポンサーリンク

病気

人間ドックでの子宮頸がん検診の結果

投稿日:

さて、今日は私の人間ドックで受けた子宮頸がん検診の結果についてお話ししたいと思います。

がん検診、健康のこと
最近、小林麻央さんの闘病ブログが話題ですね。がん・・・まだなったことはありませんが、他人ごとではありません。34歳ですもんね、わたしより4つも若い・・・。健康に...

↑の記事で、「前に引っかかったけど去年の6月の検診では異常なしになっていた」と書きました。
そして、「もう一度半年後に、子宮頸がん検診を受けて異常なしなら、経過観察しなくてよくなる」とお医者さんに言われていました。
変わらず異常なしならいいなぁと思いながら、検診を受けました。

さて、その結果は・・・

 

スポンサーリンク

人間ドックの結果

今回、また人間ドックを受ける時期が来たので、去年の12月に受けました。
前に受けたのとは違う病院で受けたいと思っていたんですが(上の記事参照)、調べると私が住んでいるところでは二つしか候補がなかったんです・・・。

そして、もう一つの病院はちょっと遠くて、そして新しく立て直していたんですよね。
新しくたつところはもともとあったところより家に近くなるので、新しくたってからそっちに行こうと思っていたらなかなか工事が終わらず、結局今回も前と同じ病院で受けることになりました・・・。

 

その結果は、2年前に受けたときより良くなっているものがいくつかあって、全体的に良くなった印象でした。
B(軽度異常)→A(異常なし)のような感じで。

唯一、悪くなっていたのは眼科でした。
眼底検査でコーヌスって出てたんですよ。Bの軽度異常でしたけど。
検診の結果表には「近視眼に見られる眼底変化」としか載ってない・・・

なんだろう?と思ってちょっと調べてみたんですけど、よくわからないのでまぁいいかw
軽度異常なので大したことはないんだと思います。
ほっとこうw

 

子宮頸がん検診の結果

さて、かんじんのこちらです。

2年前の検査では、D2(要精密検査)だったんですね。
今回の結果は・・・・

 

 

 

C(要経過観察)

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・また異常ありか・・・・

 

 

そして、詳細は「ASC-US」ということでした。なんだこれ?
一応ネット情報は調べて行ったのですが、経過観察は女医さんがいる個人病院でやってもらうことになっていたので、結果表をもってその女医さんに相談しに行きました。

説明してもらったところによると、「ASC-US」とは、異常とは言い切れないけど何かある、みたいな微妙な状態らしいです。

そして、この結果だった場合、子宮頸がんの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)が子宮頚部にいるかを調べる検査をするのが定番らしいので、私も調べてもらいました。
HPVがいなければ、がんに進む確率はだいぶ低い?(んだったかな、確か)ので、1年に一回の子宮頸がん検診でいいと。

そして、「ASC-US」の場合、HPV検査に保険がきくんだそうです。
よかったよかった。

 

でも、その結果は陽性でした。ありゃりゃ。

 

結果をうけてこれから

HPVが陽性だったので、4~6か月後にまた子宮頸がん検診をして、そこでまた異常があった場合、また4~6か月後に再検査して、またまた異常があったら精密検査になるそうです。

少し驚いたのですが、前の病院でのお医者さんは1年に一回精密検査をしていたんですよね。
それが当たり前かと思っていたんですが、今回の女医さんは

女医さん
ASC-USのレベルだと、1年ごとにやっても結果は変わらないことが多いので、合間に子宮頸がん検診をして経過観察します。
あの精密検査、痛いしね(><)。
2年に一回くらいは申し訳ないけどお願いしますってことでやってもらってますねー

 

ということでした。
この先生に診てもらうことにしてほんとによかったと思いました。
先生によって精密検査の頻度とかも違うんですね。

あの精密検査ほんとに痛いから嫌なんですよね・・・・

 

 

今までの子宮頸がん検診の結果をまとめてみました

年月日 検診名 検診結果
2014/12/2 人間ドックで子宮頚がん検診 LSIL(軽度異形成)
2015/1/15 精密検査でコルポ検査 CIN1(軽度異形成)
2015/6/30 経過観察の子宮頸がん検診 LSIL(軽度異形成)
2015/12/22 LSIL(軽度異形成)
2016/1/5 HPV検査 陽性
2016/2/16 コルポ検査 CIN1(軽度異形成)
2016/6/2 子宮頸がん検診 異常なし
2016/12/2 人間ドックで子宮頸がん検診 ASC-US
2017/1/12 HPV検査 陽性

こんな感じですね~。
LSILとかCIN1とか、分類の仕方によっていろいろ呼び方が違うようなのですが、軽度な異常があるよ、ということだと私は解釈しております。

まだ軽い段階ってことですね。
ここから異常なしになる人もいれば、がんに進む人もいるということです。

詳しく知りたい方はググってくださいw
丁寧に書いてくれてる記事を見るほうが私がここで書くよりわかりやすいとおもいます^^

 

保険は入れないってさ・・

去年保険の見直しをしようと、保険のビュッフェっていうところに相談して旦那は健康だったので問題なく入れたんですが、私はこの件があったので人間ドックが終わってから、結果を教えてくださいと言われていました。

今回、ASC-USだったことを伝え、保険会社に聞いてみてもらったのですが、経過観察から外れないと新しく保険に入ることは厳しいと言われてしまいました。

(´・ω・`)ガッカリ…

今の保険よりよさそうな保険だったのになぁ。
まぁ、何もないときにとりあえず入っておいてよかったです。

はれあにー
余談ですが、人間ドックの結果が来て、異常があって、かかりつけのお医者さんがいなければ人間ドック受けたところで説明聞いたりとか、経過観察してもらったりとか、そういうのが当たり前だと思っていましたが、そんなこともないんですね。
お医者さんと合わないなと思ったら、転院もアリなんだなぁと今回強く思いました。
次はまた異常なしでありますように!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook&Twitterへブログの更新をお知らせします

-病気
-, ,

Copyright© ~あめのちはれ~ , 2017 All Rights Reserved.